おせっかいプロジェクト

緩んで、受けとめて、受け入れて。


🤲お話会3回目🤲
今日は✨コーヒーと☕チョコレートをつまみながらの✨✨高校生茶話会✨✨
2学年最終日
緩んで、受けとめて、受け入れて。
いい時間でした🥰
休み時間
「ちょっと聞いてほしいことが、。」と
智子さんとおしゃべりな彼女の後ろ姿。
なんだかありがたくて、、じーん。。としてしまいました
きっかけは
コロナ禍から見えてきたナプキンの貧困問題。
地域のかたからの
ナプキンの御寄付。
行政や、自治体の目の届いていない高校へ、と
三条高校さん、大谷高校さん。
そのあと町にある高校を応援したいと
幕別高校さんへ集まりました生理用ナプキンをお届けさせていただきました🤲
あたたかい繋がりを絆ぐ役割をいただけたこと
そして、生理の貧困問題だけでなく、
心と身体に起きるさまざまな変化を
理解すること。
自分という存在を受け入れて
ゆっくり自分を進んでほしい想いを
こうしてお話会としてお時間いただけたこと。
感謝致します
ワークへの参加と
おいそがしいなか、お手伝いしていただけた皆さん
本当に感謝致します
ありがとうございます😭
#生理の貧困
#生理用ナプキン
#布ナプキンのお話会
#自己受容
#他者受容
#男性性と女性性のお話
#女性のバイオリズム
#北海道幕別清陵高等学校
#十勝毎日新聞社
#北海道新聞社
#makurashowcase
#一般社団法人とかち子育て支援センター

ABOUT ME
とかち子育て支援センター事務局
【とかち・帯広】行政と民間、個人対、個人への架け橋になれるよう、足りないものをみなさんで補っていけるように、ゆっくりゆっくり前を見て進みます。子育て世代の繋がりの場づくりを支援。とかちだけでなく、たくさんの活動をサポートする方々との繋がりを広げていけるよう務めます。応援よろしくお願いいたします。